関矢建築のこだわり

在来工法を中心に最新の技術を取り入れる

古町に根を張り、在来工法を中心に最新の技術を取り入れてお客様のニーズに対応しています。
関矢建築では、家造りに大切なのは「その土地の風土にあっているか」が重要だと考えます。
季節の移り変わりの中で、太陽の位置・温度や湿度・風向きや建築する土地の位置、海に近いのか、山に添うのかなど、地元ならではの経験があってこそ良い家を建てることができます。
家を新築する場合、柏崎地域ならまず米山の位置を見ます。冬の季節風はもちろん、普段は意識しない米山おろしから守るために家の強度や外装を考えます。
間取りはお客様の好みに合わせ、使いやすさをアドバイスし、周囲の景色を大切にして窓の位置や高さを決めます。

忘れてはいけない湿気対策に特に気を使います。家にとって水気は禁物。
日本では地面から湿気が上がってくる土地や、温度差による結露は家の耐久性に影響を与えます。
湿気対策に重要なのは、家の中を空気が回ることにあります。
在来工法は木の持っている特性と空気の循環に留意した脈々と伝わっている日本古来の工法なのです。

ページの先頭部へ戻ります